数々の災害から家を守るために、メンテナンスの大切さを知っておきましょう

災害に負けない家にするには定期的なメンテナンスが大切

住宅の適切なメンテナンスがあなたと家族を守ります

「家の定期メンテナンスなんて聞いたことない」 「壊れた時に壊れた場所を直せばいいんじゃないの?」 「こまめにメンテナンスしていたらお金がたくさんかかるでしょ?」 そんな疑問をお持ちの方へ。 実はこまめなメンテナンスは、とても大切なんです。 その理由をお教えします。

なぜこまめなメンテナンスが必要なの?

地震に台風、津波に突風、土砂崩れなどなど…。
今さら言うまでもないことですが、日本はとても自然災害が多い国です。
さらにここ数年は「今までに経験したことがないような」大きな災害がたびたび起きています。
「我が家は大丈夫かな…?」と不安に感じている方も多いはず。
防災のためにと、食料や水の備蓄などをしていらっしゃる方も多いかもしれませんね。
ですが、今お住まいの住宅の備えはいかがでしょうか?

家具を固定している、通路に物を置かないようにしている…。
もちろんそれも大事ですが、このサイトではもっと大きく「住宅全体を守る」という観点から、定期的な点検・補修の大切さ、そして特にどういう箇所が危険なのかなどをお伝えしていきたいと思います。

押さえておきたいのは3ステップ!
・なぜ定期メンテナンスが必要なのか
・どんな家が特に危険なのか
・メンテナンスの際にはどんな業者を選べばいいのか

この3ステップを覚えておいていただければ、今後の住宅の維持・管理にきっと役立つはずです。

災害による被害を少しでも減らす=減災は今や当たり前!
災害はいつやってくるかわかりません。いざという時に困らないために、今、自分が出来る対策をしておきませんか?

屋根や壁などのちょっとした補修が、いざというときに、大切な人たちの命を救うことになるかもしれません。
「住宅のメンテナンスって大変そうだから後でいいかな」と思わず、早め早めの対応をお勧めします。

おすすめリンク

塗装業者を岐阜で探すなら

自分でやるのは危険?岐阜の塗装業者が語るトラブルが出ない方法とポイントを一挙大公開

こんな家は特に要注意!

定期メンテナンスの大切さを学んだあとは、具体的にどんな家が危ないのかを見ていきましょう。 家の耐久性を左右するものといえば、壁?柱? いいえ、壁や柱だけとは限りません。気をつけなければならない箇所は他にもあります。 少し意外に思われるかもしれませんが、その場所は…。

点検・補修はどこに相談する?

「それじゃあ早速我が家もメンテナンスだ!」 その前に、もう少しだけ覚えておいていただきたいことがあります。 それは点検などを依頼する業者の選び方。 口コミなどももちろん大事ですが、この先何十年も先の我が家の安全のためには、もう一つ重要なポイントがあります。